iKara

 [ヘルプ]

iKara は Windows 版 iTunes 用の歌詞表示ビジュアライザプラグインです。歌詞テキストは使用者自身が作成しなければなりませんが、それを支援するための機能が付属しているので作成は簡単です。

  • 曲に連動した歌詞表示
  • インターネット歌詞検索
  • タイムタグ編集/歌詞テキスト編集
  • iPodへ歌詞転送
  • 曲ファイル内歌詞の表示(iTunes5以降)

iKaraはフリーソフトです。

screen.jpg


2008年05月24日

シンクパワー 歌詞ISM「プチリリ」

iTunesで曲を聴きながら、歌詞を表示する強力なフリーソフトが登場した様です。

http://www.kashi-ism.jp/PetitLyrics/

iTunesで曲を再生すると、サーバーから歌詞を検索し、曲にシンクロして歌詞が表示されます。おおおおおぉぉぉぉ。今度こそiKaraオワタ\(^o^)/・・・と、なるか??

何しろコレは、JASRACの許諾を受けた同期情報付き歌詞が無料で利用できるんですよ。



携帯アプリ方面ではすでに1年ほど前から月額制で同様のビジネスを展開していた様です。今回のPC用アプリはWindows Media PlayerとiTunesという2台プレーヤーソフトとの連携という形で登場した訳ですが、これは色んな意味で大正解では。でも、アプリ自体に自社バナーが付いているだけで、ビジネス的にどう成り立っているのかちょっと不思議な感じ。自社のPVと知名度が上がればOKなのかな。

会社概要とかを読んでいるとこの方面のネタ一本(?)のITベンチャーっぽい。日本のIT系ベンチャーは技術やアイデアよりビジネスセンスなのかもと思う今日この頃。



技術的な話。

iTunesで歌詞の同期、シンクロを行うソフトはこれまで(知る限り)iKaraだけだったので、その辺がどうなっているか、興味津々。

で、どうなっていたか。(推察も含む)

インストールされるプログラムは2種類。「プチリリ」本体と、iTunes用ビジュアライザプラグイン(実際にはWMP用プラグインも)。

ビジュアライザプラグインがiTunes監視用プログラムとして動き、そこから「プチリリ」本体へ情報を送って、「プチリリ」本体がサーバーと通信を行います。ネットから同期情報つき歌詞データ(要はタイムタグ付き歌詞)をゲットできたら、ビジュアライザプラグインの時間管理を元に「プチリリ」本体が歌詞を表示します。

ビジュアライザ側の時間管理・同期制御はiKaraのそれと全く同じ方法で実現している模様。やっぱりこの手しかないんですかねぇ。iTunesのタイマーカウンタを使わずに再生・停止に合わせて自前のタイマーを動かしています。でもこの手では、どうしても回避が困難ないくつかの問題が起こるハズで、その辺はどうなっているかな?と、いくつか試して見たら・・・やっぱりiKaraと同じ不具合が起きました。

ポーズ中にシークしたり、ポーズを連打したりすると同期が狂います。iKaraと同じですね。って、ん?・・・ポーズの挙動は普通に作るとこうはならない様な気も(時間が徐々に巻き戻る)。ひょっとしてiKaraも参考にされてたり??

ちなみにiTunesのプラグインはビジュアライザ非表示でも、他のビジュアライザ選択時でも、裏で処理を動かす事が可能。プチリリ用ビジュアライザを選択・表示すると、波形などを映してくれたりしますが、普段は全く存在を意識する必要はない様になっています。

あ、あと、自前でリッピングしたmp3でも、妙にバッチリ同期がとれるから、すごいなと思ったんだけれど、どうやら、曲の長さが想定している物と一致していない場合はヒットしないっぽい。なぁるほどね。

ちなみに一度取得した歌詞データはローカルに保存されているはずだけど、どこに置かれているか解りませんでした。出願されている特許をざっと眺める限り、暗号化して保存しているっぽい事が書かれていたけど。この出願の公開と同時にリリースされた感じですし。この特許が確定するかは・・・どうなんでしょうね。



使用感はどうでしょうか。

ソフトの作りはシンプルでかなり(・∀・)イイ!感じ。テロップだけにする機能など、かなり気が利いてます。

歌詞の検索ヒット率はそこそこ。さすがに同期情報付き歌詞が何でもかんでもある訳じゃないけど、でもメジャーな曲なら問題なく出てくるから、実用性も割りと高いと思います。ついでだからLyricsMasterみたいに歌詞の埋め込みや保存もやってくれれば最高なんだけどJASRAC公認では、それはやっぱり無理だろな。

今の所、過大な期待を抱かなければ難点はほとんどないけれど、一応、使用の際には「今聴いている曲」というプライバシーを垂れ流す事になる、という自覚は持っておいた方がいい。「音楽プレーヤーと同時起動」をオフにするメニューはちゃんと用意されているので、上手に使いたい。



これが商用でいったいどういうビジネスになっているのか、ビジネスセンスに欠ける私にはよく解らないのだけれど、このままフリーソフトで、シンプルであり続けてくれれば、それなりにウケるんじゃないかなと思います。

いずれにしても興味は尽きません。
長くなってしまったので、またいずれ。
posted by ねぼすけ at 04:12 | Comment(5) | TrackBack(1) | 雑記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。