iKara

 [ヘルプ]

iKara は Windows 版 iTunes 用の歌詞表示ビジュアライザプラグインです。歌詞テキストは使用者自身が作成しなければなりませんが、それを支援するための機能が付属しているので作成は簡単です。

  • 曲に連動した歌詞表示
  • インターネット歌詞検索
  • タイムタグ編集/歌詞テキスト編集
  • iPodへ歌詞転送
  • 曲ファイル内歌詞の表示(iTunes5以降)

iKaraはフリーソフトです。

screen.jpg


2005年12月10日

ポーズ関連・・・iTunesビジュアライザの制約

iTunesビジュアライザSDKの資料によると、iTunesのポーズは、内部的には演奏停止と演奏再開を繰り返して足踏みしているのだそうです。そのためか、再生ボタンが押された時、それが「始めから再生」なのか「ポーズ解除」なのかすら、ビジュアライザからは区別をする事ができません。さらに、ポーズ中は、ユーザーの操作を一切知る事ができなかったりします。

iTunes COMを使ってiTunesの状態を監視し続ければ何とかポーズ中の挙動も得る事ができるのですが、それをやるにも色々と制約があって。

iTunesは終了時にCOMが使われていると、「COMを使用しているけど本当に終了して良いですか?」の様なダイアログを表示します。このダイアログがビジュアライザに終了通知が来るよりも「先に」表示されてしまうので、「挙動の監視」などの様な連続使用をする作りをしてしまうとiTunes終了時に毎回そのダイアログが出てしまい、格好悪い事になってしまいます。。

それからCOMはシビアなタイミングを要する事には使えないのでポーズ中のシーク追従にも使えないし、そもそもCOMで得られる演奏位置は秒単位なのでお話にならない。(そのため、ポーズしまくるとどうしてもカウンターが少しずつずれていきます)


そんなこんなでポーズ周りは問題が多いのですが、解決のしようがありません。が、サポートの方には定期的にこのあたりの話が出てきてしまうので、0.49.6からポーズ中の表示を消す様にしました。仕方ないです('A`)

注釈も表示されますが、これはオプションから消す事ができます。
なお、注意喚起の為、前バージョンで注釈を消していても、0.49.6を入れると一端オンになります。
posted by ねぼすけ at 03:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古い雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10464459
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。