iKara

 [ヘルプ]

iKara は Windows 版 iTunes 用の歌詞表示ビジュアライザプラグインです。歌詞テキストは使用者自身が作成しなければなりませんが、それを支援するための機能が付属しているので作成は簡単です。

  • 曲に連動した歌詞表示
  • インターネット歌詞検索
  • タイムタグ編集/歌詞テキスト編集
  • iPodへ歌詞転送
  • 曲ファイル内歌詞の表示(iTunes5以降)

iKaraはフリーソフトです。

screen.jpg


2005年12月24日

国内の歌詞関連ソフトは大丈夫・・・?

iTunes用歌詞検索ソフト、音楽出版社の謝罪で配布が再開
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000047674,20093235,00.htm

大まかに書くと、海外で歌詞を検索してiTunesで歌詞埋め込みを行うソフトの開発者に当てて曲を出している企業から連絡が来て、公開停止になった。

で(おそらくユーザーが騒いだ結果)企業が謝罪し、公開再開になったというお話。

これって、要するに私も愛用しているLyrics Masterswitに相当するソフトだと思われる。

国内では、歌詞をFlash等で再利用しにくくしている分、この手のソフトの需要はさらに高いと思う。そもそも個人が歌詞を参照しやすくする事に、著作権を侵害する意図なんてあろうはずもない。iKara等でカラオケの練習をして私達がカラオケに行けば企業もアーティストも潤うのだから、もっとオープンで良いのではないかと思うんだけどねぇ。

国内事情の詳しい話はLyrics Master作者さんのページへ。


Copy Control CDや、ガチガチのDRMなど、何でもかんでもすぐにクローズドにする事に対してもっと慎重になって頂きたいと願うばかり。もっとポジティブに考えられないものだろうか。地上デジタル放送でテレビ録画も危ないしねぇ。

ともかく歌詞に関しては、この事例がむしろ良い方向に働いて、Webで公開済みの歌詞がより扱いやすくなる事を祈ります。



ところで、こんな記事もあるが・・・

スクープ:ソニーの新MP3プレーヤはCONNECT不採用、ATRACサポートを廃止!
http://japanese.engadget.com/2005/12/21/mp3-connect-andatrac/

いくらなんでも、こんな見出しは大袈裟すぎる。
ソニーのmp3対応・ATRAC非対応はHMP-A1とか、すでにあるし。

ソニーについては最近、ひたすらヒステリックなだけの糾弾も目立つ。 
それも 世 界 的 規 模 で。

Walkmanブログに誰よりも早くトラックバックを付けた私が言うのも何だが、そんなに嫌わなくても。

だって、ソニーはもうずっと法則発動中('A`)
 ↓↓↓
ソニー盛田家の資産管理会社、約230億円申告漏れ
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20051224AT1G2400A24122005.html
posted by ねぼすけ at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古い雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10989641
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。