iKara

 [ヘルプ]

iKara は Windows 版 iTunes 用の歌詞表示ビジュアライザプラグインです。歌詞テキストは使用者自身が作成しなければなりませんが、それを支援するための機能が付属しているので作成は簡単です。

  • 曲に連動した歌詞表示
  • インターネット歌詞検索
  • タイムタグ編集/歌詞テキスト編集
  • iPodへ歌詞転送
  • 曲ファイル内歌詞の表示(iTunes5以降)

iKaraはフリーソフトです。

screen.jpg


2006年01月13日

ニコンが銀塩カメラから撤退

今更だけど、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



ニコンが銀塩フィルムカメラから撤退する。
http://slashdot.jp/article.pl?sid=06/01/12/1050245
http://www.nikon-image.com/jpn/news/info/info060111.htm

ニコンはキャノンと共に、最近のデジタル一眼レフブームに乗って好調な印象だ。だからこの発表からは特に後ろ向きな雰囲気は感じられない。これも時代の流れなのだろう。ただ、カメラの歴史を作ってきた代表的なメーカーの一つであるだけに、寂しい事だなぁと思う訳です。

ニコンは今でもブランドネームにまだ不思議な力を宿している数少ないメーカーだと思う。この時代に「憧れ」とオーラを維持している事自体、とても凄い事だと思う。

ニコンは現在通常のフィルムより小型なAPSサイズのセンサで一眼レフとレンズセットの布陣を完成させていて、プロにもコンシューマにもよく売れている。しかし昨年、そこへ同様に好調のキヤノンがフィルムと同サイズのフルサイズセンサを低価格帯で導入してきた。これが万一大きな流れを作って主流になってしまうとニコンとしてはピンチになるんじゃないか?とちょっと心配だったり。

俺も今年こそは一眼レフデジカメが欲しいなと思っているので注目していきたい。

・・・でも今後は、証拠写真も証明写真も心霊写真もUFO写真もデジタルなんですかね。デジタル・銀塩に限らずそもそも現代では、プリントした写真には証拠能力なんて無いに等しい。

デジタル写真のソースにはEXIFという詳細データが埋め込まれているが、これも実際には簡単に書き換え可能だし。

改ざんしていない事を証明する機構として、写したカメラや日時などを暗号化技術を使ってデータに埋め込んでおくべきだと思う。そうすればデジカメ写真は銀塩写真以上の証拠能力を得る事が出来る。あらゆるシーンで慣例的にプリント済みの写真(の様な物)が証拠として通用してしまう現状って、考えてみると実は相当危ないよね。



時期的にIntel Macなどについても書きたいのだけど、Macは詳しくないので('A`)
Intel CPUのiMac
一緒に発表されたiPod用FMラジオ付きリモコンとか

68000系からの移行以来の大転換、OSが変わったりCPUが変わったり、ユーザーも中の人も大変だろうなぁ。数年後にはやっぱり「要Intel CPU」なソフトばかりになっていくのかな。

従来のPowerPC用コードはRosettaという変換技術でコンバートされて実行されるらしいのだけど、どうなんだろう。Rosettaで駆動するPhotoshopは趣味では使えるが仕事では使えないという話もどこかで読んだ。それなりにパフォーマンスを食うって事なのだろう。Intelはこの日に備えてCPUにハードウェアエンディアン変換を内蔵する・・・事になっていた気もするのだけど、それは結局実現しなかったのだろうか。

これを期にWindows版iTunesが高速なったりしたら嬉しいなと思うけど、iTunesの重さはGUI関連の様な気がするので全く期待できない。年末にニュースになったセキュリティホールを塞いだiTunes6.02がようやく出たけどiTMSの広告表示が付いたぐらいで他は何も変わらず。日本語アーティスト名の頭にインデックス(あ - アーティスト、とか)を付けている漏れは、この広告機能もまともに機能しない。。。
posted by ねぼすけ at 00:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 古い雑記
この記事へのコメント
久々にテクニカルな話題が出たので食いついてみたり(^^;

画像の電子透かしって言うのは確かに良いアイディアかも知れませんね。
今でも Photoshop の有料プラグインとかにはあるようですが、デジカメがそれを内蔵すれば簡単ですよね。
(一般消費者のニーズを考えるとコストパフォーマンスが落ちるかも知れませんが・・・)

PowerPC -> Intel の件は結構苦労してます。
LMの使ってるコンパイラは今のところIntel非対応だし、何と言っても Mactel では1998年以前の Mac 用ソフトは(大雑把に言って)ほとんど全部使えなくなります。
今までは、多くはの1980年代ソフトが余裕で動いていたのに。
結構乱暴な話なので、一部では反発もあったり。

Apple と Intel は結局コストダウンのためにエンディアン変換は搭載しなかったそうで、今後は Mac でもリトルエンディアンで開発するようにとのこと。

ところで、
> この広告機能もまともに機能しない。。。
編集メニューから「MiniStore を隠す」ができますよ。
自分も発見するのに結構時間を使いましたが (^^;
Posted by Kenichi Maehashi at 2006年01月13日 03:39
> 1998年以前の Mac 用ソフトは(大雑把に言って)ほとんど全部使えなくなります。

えー('A`) 低速ではあっても概ね互換性は保証するのだとばかり思っていました。

> 編集メニューから「MiniStore を隠す」ができますよ。

よく見ると右下にも開閉ボタンが追加されましたね。スキン変更のMuiti-Pluginプラグインがまた誤動作しそう。使ってないけど。
Posted by ねぼすけ at 2006年01月13日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。