iKara

 [ヘルプ]

iKara は Windows 版 iTunes 用の歌詞表示ビジュアライザプラグインです。歌詞テキストは使用者自身が作成しなければなりませんが、それを支援するための機能が付属しているので作成は簡単です。

  • 曲に連動した歌詞表示
  • インターネット歌詞検索
  • タイムタグ編集/歌詞テキスト編集
  • iPodへ歌詞転送
  • 曲ファイル内歌詞の表示(iTunes5以降)

iKaraはフリーソフトです。

screen.jpg


2006年01月22日

Unicode版iKaraの補足

夢がひろがりんぐなiKara0.60をリリースしました。
何となく安定しているっぽいけど、万一落ちたら教えてください。

さて、不安はさておきポジティブに見ていきましょう('A`)

まず、曲名などにあの忌まわしい太字の「〜」が出てきても、問題なく歌詞を表示できる様になりました。それどころか、他の色々な国の言語が混在していてもOKです。そして、歌詞自体についても同様にUnicodeで表示できる物なら何でも表示可能です。いわゆる国際化というヤツです。UIやエラー表示等も一通りリソース化したので、その気になれば外国語版も簡単に作れます。いや、その気があっても翻訳が(><)

ただ、日本語と英語しか表示できないフォントも存在するのでその点だけ、留意してください。今までMS Pゴシックを標準としていましたが、日本語・英語ぐらいしか表示されない様なので、Microsoft Sans Serifにしました。バージョンアップの場合、MS Pゴシックがセットされていると初回起動時に自動的にMicrosoft Sans Serifに変換します。ただ、このフォントは小さいのでサイズはオプションから再設定する必要があるかも知れません。MS ゴシックやMS UI Gothicなどでも外国語を表示可能です。

それらに伴って、外部テキスト歌詞の保存もShift-JISで保存できない場合に限り、Unicodeで保存されます。対応しているフォーマットは従来通りのANSI(Shift-JIS)とBOM付きUTF-16です。BOMが無ければ全てShift-JISとして読み込もうとするのでUTF-8やEUCの日本語は文字化けします。詳しくはヘルプのFAQや仕様を。

Unicode化以外にも利便性に関わる部分を色々と変更しています。

iKara表示中、歌詞が一つもヒットしていない状態で、例えばLyrics Masterなどで歌詞を付けると、即座に画面に反映される様になりました。これは、常に監視を行うようにしたためです。外部テキスト歌詞ファイルに関しても同様です。検索可能な位置に検索可能な名前でテキストファイルが作られると自動的に読み込まれます。

従来からあったiPod用歌詞の自動保存チェックボックスはオンにすると曲再生時に常にiPod用歌詞を指定フォルダに保存しようとします。


・・・などなど、見た目はあまり変わらないが(デフォルトカラーが変わった程度)中身が大きく変わりました。そもそも、マルチバイトで作られた物をUnicode化するのって、人間で言ったら血液を入れ替える様な感じで、めちゃくちゃ大変かつ(私のスキルでは)危険なので「絶対やらない!」と思っていたんですが、何とかなりました。始めはパスだけUnicode化してリリースしようとしたけど、中途半端な方が危なげだったし。ホント、最初から考えてUnicodeで作れば良かった・・・ようやくcharを駆逐できたよorz。考えなしに作ったから初版verがすぐ出来上がったってのもあるっちゃあるけど。

オプションダイアログを付けた事以来の大工事ですが、この基礎工事であと半年は戦える・・・かな。次はずっと放置中のフルスペックカラオケタグかDirectX化ですかね。どのみち標準ビジュアライザが歌詞表示対応するまでの命なので(?)急がないとねぇ。
posted by ねぼすけ at 21:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 古い雑記
この記事へのコメント
先日 お世話になりました。
本当にご苦労様です。<(_ _)>
まったく話についていけません。
でも読んでいるうちに、少しずつでも 分かるようになれるかと 期待してます。(^^)ニコ
今後とも よろしくお願いします。
ひとつだけ、歌詞の件で
I've の「'」が「?」に変わってました。
もとの歌詞が悪いのかも知れません。
Posted by fujii at 2006年01月24日 01:43
今読み返すと完成した興奮で?思わず技術寄りの文章になってしまったと反省('A`) もっと噛み砕かないと。。。

> I've の「'」が「?」に変わってました。
> もとの歌詞が悪いのかも知れません。
よく判りませんが、多分そうです。
0.6からは特定の文字が「?」に変換される処理箇所自体がないはずです。ただし「?」に変換したのが旧iKaraである可能性はあります。
Posted by ねぼすけ at 2006年01月24日 20:36
でも、こういう嬉しさ余って・・・の、技術的な小咄ってたまに同じ開発者から見て参考になるので結構好きですw
Posted by sur at 2006年01月26日 17:28
コメント毎度どうもです。

参考になったら勉強しながら作ってる私も励みになります。でもその道のプロに読まれるのは恥ずかしい(><)

0.60で追加した監視機能で初めて導入した新ワザ、「マルチスレッド化」を用いて、0.60.1では早速、自動バージョンチェックを実装してみました。そしてそこで、さらに今度はこれまた新ワザの「ネット上のファイルを開く」を試しています。

こういった感じで私自身、iKara一つで色んな技術の練習とか実験をしている感じです。
Posted by ねぼすけ at 2006年01月26日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12089434
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。