iKara

 [ヘルプ]

iKara は Windows 版 iTunes 用の歌詞表示ビジュアライザプラグインです。歌詞テキストは使用者自身が作成しなければなりませんが、それを支援するための機能が付属しているので作成は簡単です。

  • 曲に連動した歌詞表示
  • インターネット歌詞検索
  • タイムタグ編集/歌詞テキスト編集
  • iPodへ歌詞転送
  • 曲ファイル内歌詞の表示(iTunes5以降)

iKaraはフリーソフトです。

screen.jpg


2006年01月30日

iTunesのメッセージ「URLを開くことができませんでした」について

時々、iTunesが「URLを開くことができませんでした」と表示して検索が出来ないという報告を頂くのですが、これはWindowsの環境がおかしくなった事による物です。その状況に陥った場合はiTunes本体のヘルプ>iTunesを使いこなす、や、Outlook Expressのリンククリックも機能しなくなります。

iKaraのせいではないため、どうしようもないなと思っていたのですが・・・私もついに「それ」に遭遇してしまいました。

様々なインターネットブラウザをインストールしたり、アンインストールしたりを繰り返しているうちに発症。私の場合、特定のブラウザのアンインストーラの不備が原因でした。

iKaraのヘルプのFAQでは、
Internet Explorerのツール>インターネットオプション>プログラムタブの「Internet Explorerの起動時に通常使用するブラウザを確認する」にチェックを入れてInternet Explorerを再起動すると直るかも知れません。
と書いていたのですが、この方法では直りません。

私が行った修正方法は、コントロールパネルの「フォルダオプション」をダブルクリック。ファイルの種類タブの中で、登録されているファイルの種類欄の上部「ファイルの種類」をクリックしてファイルの種類順に並べ替えます。その中にファイルの種類が「URL:」から始まる物が10個程度あるはずです。これらに対して一つずつ「詳細設定」を押して修正していきます。アクションの欄で「open」以外が太字になっている物を見つけたら、openをクリックして「規定に設定」ボタンをクリックします。全て修正する必要がありますが、特に重要なのは「URL:HyperText転送プロトコル(HTTP)」です。

困っている人がこの記事にたどり着く事を祈っています。

私の場合、興味本位で導入してみたSleipnirのアンインストーラが、関連づけを放置したのが原因でした。さすが、上級者向けブラウザ('A`)

最近、Firefoxにはまっていたのですが、メモリを食いすぎる等の理由でやめてしまいました。各地で論争が繰り広げられていますが、ある程度拡張しないと楽しく使えないのに、メモリ管理がおかしくなる「地雷拡張」?が多い希ガス。楽しいのに惜しいなぁ。まだまだ過渡期だからまたいつか試そう。

色々巡って、結局ついにInternetExplorerに逆戻りした次第('A`)
次点はOperaかな。
posted by ねぼすけ at 20:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 古い雑記
この記事へのコメント
本当に助かりました…
長い間この記事に辿り着くのをまってました。
ありがとうございます。
Posted by 噂のギターボーイ at 2006年02月05日 03:56
Sleipnir導入後googleデスクトップから開くブラウザもSleipnirにしようと、SetBrowserというソフトでSleipnirを通常使用に変えたところ…
GDのサイドバーからニュースやウェブクリップを開こうとするとSleipnir上ではなぜかタブ2つ分も表示される上に「URLは開くことが出来ません。」と出ていました。

どこにもこの症状は出ていなかったのですが、ここの記事で直すことが出来まして感謝します。
Posted by 仁 at 2006年02月25日 00:49
この情報って見つかりにくいよね。書いてよかった。
Posted by ねぼすけ at 2006年02月26日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。