iKara

 [ヘルプ]

iKara は Windows 版 iTunes 用の歌詞表示ビジュアライザプラグインです。歌詞テキストは使用者自身が作成しなければなりませんが、それを支援するための機能が付属しているので作成は簡単です。

  • 曲に連動した歌詞表示
  • インターネット歌詞検索
  • タイムタグ編集/歌詞テキスト編集
  • iPodへ歌詞転送
  • 曲ファイル内歌詞の表示(iTunes5以降)

iKaraはフリーソフトです。

screen.jpg


2006年09月18日

iTunes7はやっぱりかなり違う

様々な問題で、すでにそこかしこでバッシングされているのを見かける様になりつつあるWindows版iTunes7ですが、私自身は幸いにして、iTunes7の各種問題に遭遇していない。iKaraがヤバイだけで。

このタイミングで新iPodを購入した新規ユーザーがiKaraベータ版を入れる事は、とりあえず全くお勧めできません。よく判らない人・・・iPod/iTunes/iKaraビギナーの方は、事態が落ち着くまでの間、しばらくiKaraには近づかない方がよろしいかと。iTunes6と0.61.8なら自信を持ってお勧めできるのだけど。

逆に詳しい方々は動作報告などをして頂ければ幸いです。



実感として、確かに色んなところが変わっていて、内部の大幅な書き直しが行われた事が想像できる。ビジュアライザ関連も色々と変わっていて、iKaraの内部処理もどう変えていけば良い物かと右往左往中。何となく対応に限界を感じている部分もある。

曲送りの問題に関しては、仕様の変化を理解して解決の方向に向かっているかに見えるけど、状況によってiTunes7から送られてくるメッセージが常に一定でないって事も段々と判ってきた。例えば、歌詞を埋め込んだ瞬間に何故か「再生開始」が送られてきたり来なかったり。以前からこうだったっけかなぁ?ってな部分が色々と。今のiTunes7を基準に作ると、またすぐ痛い目に遭いそうで怖い気がしないでもない。

iTunes標準ビジュアライザの挙動も、フルスクリーン化時に解像度が変化しなかったり、大きさ変更されなかったり、その他色々、以前とけっこう違う。何が仕様で何が不具合かすら・・・判らない('A`)


ビジュアライザボタンやオプションボタンが無くなった事はiKaraの使い勝手を大幅に下げてしまった。ビジュアライザの存在自体をトーンダウンさせたい意向の様な物を感じるのは俺だけだろうか。確かに映像が扱える今のiTunesにとって、ビジュアライザの実装仕様は如何にも苦しい気がする。WindowsMediaPlayerの様に映像と同列の方が自然である事は間違いない。


ただ、歌詞に関してはもの凄く大きな「改善」があった。

http://nebo.seesaa.net/article/11714712.html
で書いた「歌詞をCOMで取得する際のバグ」がすっかり直っている!

これによって、(iTunes7を前提に作れば)歌詞表示プラグインやソフトを作る事が、これまでより遙かに簡単になった。iKaraは歌詞の自力読み込み処理を、血を吐きながら(嘘)進化させてきた訳だけど、この部分はiTunes7を使う限り、全く必要なくなってしまいましたとさ。膨大な時間と色々な人の協力で作った部分だから、嬉しい様な悲しい様な。



Windows版iTunes7はすぐにアップデートが来ると予想。問題を抱えてしまっている人もそれなりに多い様なので。アップルの対応が早いか遅いか、注目していきたい。

Zuneも近いこの時期だし、早いほうが良いと思うが。。。
posted by ねぼすけ at 06:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。