iKara

 [ヘルプ]

iKara は Windows 版 iTunes 用の歌詞表示ビジュアライザプラグインです。歌詞テキストは使用者自身が作成しなければなりませんが、それを支援するための機能が付属しているので作成は簡単です。

  • 曲に連動した歌詞表示
  • インターネット歌詞検索
  • タイムタグ編集/歌詞テキスト編集
  • iPodへ歌詞転送
  • 曲ファイル内歌詞の表示(iTunes5以降)

iKaraはフリーソフトです。

screen.jpg


2005年05月28日

「適用」ボタンにはリロードの効果もある

0.32から、0.2x以前の古いiKaraの様にダイアログを開かなくても
SHIFT+オプションでネット検索出来るようになりました。
おまけとして、ダイアログを開いている間はオプションクリックのみで
「再生中の曲」をネット検索します。


以下、使い倒している人しか多分わからない話。

オプションボタンでダイアログを開くと表示される歌詞は、
ダイアログを開いた時点で再生されている曲の物で、次の曲へ移っても
変わらない仕様になっています。

だから、ダイアログを開いたままiTunesの>>を押して(あるいは自然に)
次曲へ移ってから「ネット検索」ボタンを押しても、前曲しか検索できない。
この辺で使用者を混乱に陥れやしないかと若干心配しているのだけど
どうでしょう?


適用ボタンは歌詞が少しでも変更されていれば、保存した後、
現在再生中の曲を読み込みます。つまり歌詞を少しも触っていなければ
リロードだけを行うので、「適用」「ネット検索」と押せば、
ダイアログを開閉しなくても再生中の曲を検索できる訳です。

むしろ今回追加したおまけのダイアログ表示中のオプションボタンによる
検索でコピーしてきた歌詞をリロードせずに貼り付けると失敗するかも知れない。


要するに、ダイアログで歌詞を編集する時はダイアログ下部に書いてある編集中の
ファイルのフルパスをよ〜く確認しましょう、と、そういうお話でした。

エディットモードと同じようにダイアログも、次曲へ移ったら強制的に保存して
次曲を表示するようにした方が良いのだろうか・・・。
posted by ねぼすけ at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古い雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3959132
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。